Google

Yahoo! JAPAN



自分の職場の労働時間に不満がある薬剤師さんは早めに転職考えるべき!?

本当に、心からそう思うよ。 自分も薬剤師、やってるんですけれども。実際に労働時間に不満があったことがきっかけで、転職活動することにして、転職したのでほんと、同じような悩みを抱えている人にはぜひ早めに転職に励むようにして欲しいなあと、思う。

やっぱりねえ、自分がおかしいなあと感じたりしてることって、結構ドンピシャだったりするもんです。 こう…職場にいるとさ、自分が「あれ?」って思っていても、周りは平然と…って感じだからさ、「あぁ、自分が気にしすぎなのかなあ…」とか、そんな風に思ってしまいがちなんだよね。

確かにね、そういうこともあると思う。仕事始めたてだったりすると、どうしていけばいいのかわからなくって色々なことに過敏になりがちになってしまうものね。 でも、全部がそうではないこともまた事実。 友達とかに相談してみて意見を聞いたりするとわかりやすいかもね。私もそのときは友達に頼ったものだよ…。

んで、最初に言ってた労働時間と話が違う!って職場、やっぱり薬剤師の職場でもあるもんなんですねえ。 私の場合はどんどん約束と違う時間外とかに働かされたりして、毎日クタクタ状態でした。 このままじゃ困るって言っても、改善する様子はなし…。

もうこれは転職するしかないわ…と思い、ちゃちゃっと転職活動に励み始めたのでした。 正直ね、転職活動も大変ですよ、やっぱり。 仕事と両立させないといけないっていうのがね…なんかしら支えてくれる手立てがあったりするのであれば、そういうのに頼ったほうがいいかもしれない(笑)ちなみに下記のランキングサイトを利用してみた。

薬剤師紹介ランキング

で、なんだかんだで現在は新しい職場でまた薬剤師、やっています。 また同じことにならないかなあ…と、ちょっと不安だったのですが。 そんなこともなく、というか職場の人たちは前のところよりも全然良い人たちばかりで、楽しくお仕事できています。 やっぱり、自分が「うーん…」と思っている職場で働いているよりも、「楽しい!」と思える職場で働くほうが、精神衛生上も断然、良いはずですよ!

FIFAワールドカップ リンク集

FIFAワールドカップ(ふぃふぁわーるどかっぷ、英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権である。サッカーの大会の最高峰と位置付けられ、テレビの視聴者数ではオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベントである。 女子の世界選手権についてはFIFA女子ワールドカップを、クラブチームの世界選手権についてはFIFAクラブワールドカップを参照。

FIFAワールドカップは、予選大会と本大会で構成されており、本大会は4年ごとに開催される(夏季五輪の中間年、1994年より冬季五輪と同年)。1930年にウルグアイで第1回大会が行われ、この大会を企画・発案した当時のFIFA会長・ジュール・リメの業績を称えて作られた「ジュール・リメ・トロフィー」をかけて争われた。 参加できるのは国またはそれに準ずる地域であり、厳密にはFIFAに加盟したサッカー協会を単位とする。例えば日本は日本サッカー協会の代表であり、胸にそのエンブレムをつけたユニフォームを着る。また、香港やマカオのように、それぞれのFIFAが加盟を承認したサッカー協会を持つ地域は、それぞれに出場権がある。 これまでの優勝国は、最多の5回の優勝を誇るブラジルを筆頭に、イタリア・ドイツ(西ドイツ)・ウルグアイ・アルゼンチン・イングランド・フランスの7か国・地域だけである。なお、2002年大会までは前回優勝国は予選免除されていたが、免除に伴う強化不足や収入減少が懸念されたり、予選枠拡大の要望があったりしたため、2006年のドイツ大会からは廃止となった。 優勝国にはFIFAワールドカップトロフィーが贈られる。これは1970年にブラジルが3回目の優勝を成し遂げた際、規定で「ジュール・リメ・トロフィー」が永久保持となったため、それに代わる優勝トロフィーのデザインを一般から公募したものである。ちなみにジュール・リメ・トロフィーは1983年にブラジルのリオデジャネイロで盗まれ、現在も見つかっておらず、溶かされて金塊になったとの説が有力。イタリア人の彫刻家、シルビオ・ガザニガのデザインによるこの優勝杯は当該大会の優勝決定後、優勝国のサッカー協会に保存され、4年後の本大会開会式の際に返還されていたが、2005年に純金製の3代目トロフィーが製作されたのをきっかけに、保安上の理由からドイツ大会以後は優勝国へのトロフィーの授与は行うものの、それ以後の優勝国への保存はなくなり、閉会式終了後再びFIFAが管理することとなる。なお優勝国にはトロフィーのレプリカが贈賞される。

以前はFIFAからの優勝賞金は0円であり、各国のサッカー協会が個々に協賛スポンサーを募り成績に応じて自国のチームに贈ることが多かった[要出典]。現在は、FIFAがワールドカップ本大会出場国に成績に準ずる賞金を支給する。 2006年のドイツ大会では、32ヶ国の全ての出場チームに準備金として100万スイス・フラン(約9000万円)、グループリーグ全3試合分のマッチフィーとして、600万スイスフラン(約5億4千万円)、合わせて700万スイスフラン(約6億3千万円)を支給。これが本大会出場国の最低保障となる。以後勝ち上がるごとに、賞金は増えていく。決勝トーナメント進出(ベスト16)で850万スイスフラン(約7億6500万円)。ベスト8で1150万スイスフラン(約10億3500万円)。ベスト4で2150万スイスフラン(約19億3500万円)。優勝すれば2450万スイスフラン(約22億500万円)。ちなみに、2002年の日韓大会の優勝賞金は1620万スイスフラン(約14億5500万円)。FIFAが 2006年ドイツワールドカップで支払った賞金などの総額は3億3200万スイスフラン(約298億8000万円)。ユーロや米ドルではなく、スイスフランで支払われるのは、FIFA本部がスイスのチューリッヒにあるためである(出典:週刊サッカーマガジンNO.1256 2009.9.15)。 2010 年の南アフリカ大会では優勝賞金を3000万ドル(約26億4000万円)にすると、2009 年12月3日にFIFAが発表した。また、準優勝のチームには2400万ドル(約21億1200万円)、3位2000万ドル(約18億円)、4位1800 万ドル(約16億円)、グループリーグ敗退国(17位?32位)も、800万ドル(約7億円)を受け取る。さらに、全出場チームには経費として100万ドル(約8837万円)ずつが支払われる。賞金総額は、前回のドイツ大会に比べて61%増の4億2000万ドル(約369億6000万円)になる見通し[1]。また、同日FIFAは南アフリカ大会に出場する選手の各所属クラブに、総額約4000万ドル(約35億円)の補償金(怪我に対する保険金)が支払われると発表した。各クラブには所属する選手1人につき、大会期間中1日1600ドル(約14万円)が支払われる。補償金制度は2014年の2014 FIFAワールドカップブラジル大会でも採用される予定[2]。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009-2013 FIFAワールドカップと、薬剤師紹介会社と、適当に思ったことを、、、 All Rights Reserved.

医師の平均年齢と医療機関の環境 リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4